ブログ

オーストラリアの養育費に関して

オーストラリアの養育費に関して

専門家への相談がおすすめ

結婚は人生最大の取り決めの一つですから、それなりの時間と労力を掛けて対応される方が普通で一般的です。  その一方、こと離婚に関しては感情的になりやすく、また、辛い問題ですから、なかなか真正面から向き合って対処できる方は少ないものです。  日本の協議離婚では、比較的簡単に時間を掛けることなく、離婚が成立するわけですが、オーストラリアではChild Maintenance(養育費)やSpouse Maintenance(扶養者に対する援助請求)など、日本の感覚とは考え方や実務面の取り扱いが抜本的に異なりますので注意が必要です。  特に養育費の請求については、仮に1ヶ月間に1,000ドルの養育費であれば、年に約12,000ドル、お子様が成人するまで15年間と仮定すると、18万ドル前後を受け取る権利(または支払う義務)がありますので、オーストラリアでは専門家に相談してから判断するのが一般的です。 

私の経験上、極稀に “子供と一緒に暮らす事が出来れば、他には何も望みません” という方もいます。  そして、それは確かに立派な考え方です。  とはいえ、一般的には子供が成人するまでに掛かる費用は最低2000万円とも3000万円ともいわれており、塾や習い事、私立の学校や大学に入れる場合には相当の支出が予想されるのも現実です。  私としては、子供が成長していく過程において養育費が有るのと無いのとでは全く異なってくるものですから、先ずはご相談いただければと思っています。

養育費は子供の権利(であるという認識を持ちましょう)

養育費とは子供の権利ですから、離婚に際して養育費の請求は必ずしましょう。  相場が解らなかったり、どうしていいのか判断がつかなければ、専門家に相談した上で判断されるのが良いでしょう。  オーストラリアの法律では養育費の支払い不履行に対して “子供の人生を不当に奪う行為” として厳しい刑事処罰が設けられていますから、あなたが我慢したり、泣き寝入りする必要はないのです。  積極的に法律を利用しましょう。  また、養育費の請求権につきましては、一定の条件が整えば、お子様と日本に帰国した上で日本国内で生活する場合であっても、オーストラリアの法律を適用してご主人の給与から天引きするという事も可能です。  離婚は結婚と違って億劫になりがちなものですが、お子様の為に然るべき権利を主張されることは非常に大切な事ですから、養育費は必ず請求されてください。

関連記事

  1. オーストラリアにおける離婚手続き その2
  2. オーストラリアにおける離婚手続き その1
  3. 豪州で離婚するにあたって良くあるご相談Q&A その2
  4. 豪州で離婚するにあたって良くあるご相談Q&A その1
  5. 日本人同士のオーストラリアでの離婚
  6. オーストラリアの調停について
PAGE TOP