ブログ

Enduring Power of Attorney – 成年後見制度(成年後見人)の任命について

成年後見制度(成年後見人)の任命について

遺言状の作成時に併せてお勧めしたいのが、Enduring Power of Attorney(EPA)と呼ばれる成年後見制度による成年後見人の任命に関する委任状の作成です。  このEPAとは事故や病気で植物状態になってしまったり、痴呆になってしまった場合、すなわち、委任者本人が意思決定する事ができなくなった場合に効力が発生するよう定めておくことができる持続的委任状のことをいいます。  例えば、あなたが交通事故に遭ってしまい、意識不明になってしまった場合、どのような治療を施すのか、医療費やその他諸々の支払いはどうするのか、何よりも、あなたの代わりに誰が決定する事ができるのか、そして、支払いに際してあなたが保有している銀行口座などにアクセス出来るのか、など有事の際における代理人を指定しておく事ができます。  また、高齢者の方は、認知症の進行によっては、判断能力を欠くようになり、資産管理が非常に困難になる場合があります。  ここ数年多くの高齢者が望まない治療や施設での生活を余儀なくされるといったケースを多く見聞きするようになりました。 判断能力が不十分になったら誰が変わりに決めてくれるのでしょうか。  成年後見制度とは判断能力が不十分な方々を法律面や生活面で保護し支援する制度です。

EPAを作成しておけば、あなたの意識や判断能力が戻るまでの間に発生する様々な取り決めを、あなたが信頼できる代理人に委託しておく事ができるわけです。  もしEPAがない場合に権限を行使する場合には家族といえども裁判所の審理が必要となりますので、EPAを作成しておくことで残されたご家族達に時間と経済的負担を強いる事を未然に防ぐ事ができますし、また、運営しているビジネスが決済できずに休業状態になってしまったり、税金や公共料金などの支払いなどが滞ってしまわないように準備しておく事ができます。 EPAの作成にはケース毎にあった対応が必要となりますので、不安がある場合、専門家と良くご相談されたうえで作成するのが安心です。

関連記事

  1. オーストラリアの遺言状
  2. オーストラリアの相続・遺言状作成について
PAGE TOP