ブログ

弁護士が教えるUnclaimed Money (凍結・休眠・没収資金)と返還手続きの仕方

 

オーストラリアで弁護士をしていますと、せっかくオーストラリアに銀行口座を開設したのに口座を凍結させられてしまったという方からご相談をいただく事があります。 口座凍結の理由は多種多様ですが、主に以下の点が挙げられます。

  1. 口座における不正利用が疑われたため

これは主にインターネットバンキングやATMの使用時にパスワードの誤入力を連続して行った場合等が考えられます。

  1. 過去の取引履歴からみて怪しい取引が行なわれた場合

口座が不正にアクセスされている可能性がある場合、または、明らかに不自然な取引が行われているような場合、銀行は口座凍結を行う場合があります。 例えば、私が取り扱った事のある案件では、ネットバンキング上限額の引き出しを連日行った際に(銀行は口座が詐取されている可能性を疑い、口座主に電話したが連絡が付かなかったため)口座凍結を行う場合があります。

  1. 口座名義人の死亡・盗難届け、また、拾ったATMカードが銀行に届けられた場合
  2. 長期間に亘って、口座取引が行なわれていない場合

 

上記4についてですが、オーストラリアでは長期間全くお金の移動がないといった場合には、ATMカードや口座が利用できなくなり、不使用口座・休眠口座となり、口座へのアクセスが凍結される場合があります。  

口座の不使用が3年間が過ぎると、「Unclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)」となり、オーストラリア政府による預かり金となってしまいます。  これは金融機関による管理負担を緩和する目的としており、  何もせずに、放置していますと、最終的にはオーストラリア政府になるという事ではありません。  あくまでも、正式な所有者のお金を政府が預かっているということです。  そこでUnclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)に関して良くある内容をQ&Aにまとめてみたいと思います。

 

オーストラリアのUnclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)の返還手続きについて

Q Unclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)ってなんですか?

A. オーストラリアのUnclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)は、長い間引き出しや預け入れなどの取引がされていない、”眠っている”銀行預金のことです。
最後にお金を出し入れした日や定期預金の最後の満期日(Roll Over・自動更新しない場合)から、一定期間以上の間、口座に動きが無く、また、預金者本人と連絡のつかないものをいいます。 

Unclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)になってしまう口座で多いのは、子供の頃や結婚前などに使っていた口座、亡くなった方の口座など、すなわち忘れ去られてしまった口座です。  日本人の方の場合、オーストラリア滞在中に開設した口座をそのままにして、日本に帰国後に存在を忘れてしまうケースが多いようです。

Q どのような資金がUnclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)になるのですか?

A. オーストラリアの金融機関では、長期間に亘って全くお金の移動がない口座をUnclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)扱いとして、口座にアクセスできないよう制限を設ける場合があります。  定期預金などは放置していても、ロールオーバーや自動更新されている限りはUnclaimed Moneyになる事はありませんが、普通預金口座などは3年間動きが無いと、銀行の判断によって、資金をオーストラリア政府に信託される場合があります。  

これは金融機関の管理コストの削減することを目的としていますので、預金者の権利が失われるわけではありません。  金融機関が定める所定の手続きを経た上で、また、口座の保有者であることの確認が取れれば、いつでも払い戻しが受けられます。

Q オーストラリアのUnclaimed Money はどうやって探せるのですか?

A. オーストラリア政府がUnclaimed Moneyとして預かっている預貯金などは、オーストラリア政府のサイトにて検索できるサイトがあります。 
このサイトの Unclaimed money search の下の箇所に名前から検索できるようになっていますので、お名前の姓か名のいずれかをアルファベットで入力する事で、オーストラリア政府が預かっている口座の名義、住所、金額を確認することができます。

参考URL: https://www.moneysmart.gov.au/tools-and-resources/find-unclaimed-money

Q どのような手続きがUnclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)の返還に必要とになるのでしょうか?

A. まず、銀行口座が凍結されてしまった場合、口座を復旧させるためには、銀行が定める条件を満たさなければなりません。  私が過去に対応した事のある金融機関は以下の通りです。

–      ANZ銀行
–      HSBC銀行
–      ウエストパック銀行
–      ナショナル銀行
–      コモンウエルス銀行
–      サンコープ銀行
–      ING銀行
–      Bendigo銀行
–      Macquarie銀行

私の経験上、各銀行が定める条件やフォームは異なり、必要なフォームも新しいものに変わったりしますので、申請が不受理とならないよう、最新の情報を各金融機関に問い合わせてみるといいでしょう。

Q 実際の資金返還手続き方法を教えてください

A. 手続き方法は大きく分けて2パターンあります。  まず、オーストラリア国内にいる場合ですが、該当する口座の銀行に赴いていただき、担当者にUnclaimed Moneyの返還手続きをしたい旨を伝えてください。  その際に口座主である事の確認が行われますので、パスポートなどの身分証明書を持っていく必要があります。 また、口座のステートメントや口座開設時の資料などを持っていくと、よりスムーズに話が進みます。  サインが必要なフォームなどは銀行の担当者が用意してくれますので、そこで手続きを行えば、返還手続きは完了します。  

オーストラリア国外にいる場合は、ネット上で あなたの銀行名 と  Unclaimed Money の 2つ単語で検索を掛け、その銀行が公表しているUnclaimed Moneyの手続きに従って返還申請を行う形となります。 フォームなどはネット上でダウンロード出来ますが、不安が残るようであれば、その銀行のUnclaimed Moneyを担当している部署に連絡をとってみるといいでしょう。  通常、必要となる書類は身分証明書のCertified Copy、Unclaimed Moneyの返還申請書類、口座主である事を証明する書類、払い戻し先への送金書類の4点です。  オーストラリア国外からの申請は少し解りにくいですが、それほど難しくはありません。 不安が残るようでしたら、是非、ご相談いただければと思います。

Q Unclaimed Money (凍結口座・休眠口座・没収資金)の返還について、サポートを行っている業者から手紙を受け取りましたが、信頼してもいいでしょうか?

A.  銀行口座の復旧には顧客情報や口座情報などの個人情報を取り扱う必要があります。  間違っても、あなたの個人情報を伝えて、お金を騙し取られてしまう事がないよう、くれぐれも気を付けてください。 

近時、多くの詐欺被害が報告されています。 身元がわからない・国家資格を有さない人物・業者からの問い合わせがありましたら、当オフィスでは公益弁護活動の一環として、被害にあわれないよう無償にてご相談をお受けしておりますので、遠慮なくお問い合わせください。

********* 

見知らぬ業者からの手紙にご注意!

豪州政府が公開している情報を元に、凍結口座の返還手続きに関して手紙を送りつけている業者がいます。  中には何の資格も持っていないにもかかわらず、いい加減なことをいって口座情報を得ようとする業者がいますので、あなたのお金が詐取されることがないよう、あなたの情報を開示しないよう気をつけてください。

なお、 調停センター と名乗ったサイトがありますが、これはオーストラリア政府認定の組織ではありませんし、弁護士法人でもありません。  どこかの個人がネットで自称しているだけです。  普通では考えられない事ですが、ウェブサイトにはビジネス番号が明記されておらず、代表者などの詳細も明記されていません。 また、住所とされている所在地はビルになっていてフロアや番号などの住所が明記されておらず、実際に行っても見つける事はできませんので注意してください。  なお、このサイトを見ると、現地役員サービス、豪州事務所のパッケージ、休眠口座の資金を取り戻すなど、調停とは全く関係ないビジネスをされているようです。  要はキンドルなど手数料が掛からないネット書籍を安く販売し、最終的には実際の資金返還手続き方法についてのステップの詳細を売るのが目的のようですので、その手の情報は全て本ブログにて公開することにしました。  なお、オーストラリアの調停制度については、こちらをご参照ください。(http://kklaw.com.au/archives/mediation.html

*********

関連記事

  1. 臓器提供と献体について
  2. 弁護士選びで失敗しないために
  3. オーストラリアの調停について
  4. Certified Copy(認証コピー)について
  5. Photoelectric Smoke Alarm (煙式火災報…
PAGE TOP