ブログ

ハーグ条約 - 子供の連れ去りについて

在留邦人の皆様に対して、在ブリスベン日本国総領事館からハーグ条約についての連絡がありましたので公開させていただきます。

****************************

<在留邦人の皆様へ>

 ハーグ条約についてご存じですか?

 一方の親の同意なく、お子さんが国境を越えて海外に移動した場合、一定の要件を満たせばハーグ条約が適用されることになります。

  その場合、お子さんは、原則、元いた国に戻されることになります。

 詳しくは外務省のホームページをご参照下さい。

  https://www.mofa.go.jp/mofaj/index.html

 

 どうしても一方の親の同意無く、お子さんを移動せざるを得ない場合、刑事訴追の可能性や出入国の可否を含め、きちんと情報収集の上、行動するようお勧めします。

****************************

近時、国際誘拐事案が立て続けに起きていることによる、外務省からの注意勧告です。  
誘拐(犯罪)を庇護するような情報はネット上に落ちていませんので、くれぐれも惑わされないようにしてください。

 

関連記事

  1. オーストラリアでの離婚成立後行うべき3つの手続
  2. オーストラリアの調停制度(メディエーション)
  3. オーストラリアにおける離婚弁護士の選び方
  4. オーストラリアの離婚~インターネット上の情報に惑わされないために…
  5. オーストラリアの養育費
  6. 日豪プレス特集記事「離婚案件のエキスパート、神林弁護士に聞く!」…
  7. オーストラリアにおける離婚 – 何を決めなければなら…
  8. オーストラリアにおける離婚事情と離婚手続
PAGE TOP