ブログ

オーストラリアの不動産売却その2 - 実践編

オーストラリアの不動産売却について

不動産を購入するときは1社だけでなく、数社の不動産業者から話を聞いたり、色々な物件を見た上で、価格や設備など納得した上で購入するものですから、購入価格が大きく相場から外れることはあまりありません。  その一方、オーストラリアでの不動産売却は特定の不動産業者1件に委ねる場合がほとんどですから、実際に担当する不動産業者の判断によって売却価格は大きく変わってくることは割と良くある事です。  最悪のケースでは、親身に相談に乗ってくれているように見えても、相手に都合の良い話で進められてしまう場合もあるでしょう。 

不動産業者の立場になって考えると分かりやすいですが、自分の物件でしたら時間が掛かってもなるべく高く売却しようとするものですが、時間を掛けて話が流れてしまったり、他の業者に取られてしまったりしたら、それまでの労力に対してコミッションが1ドルも入りませんから、確実に売れるオークションでしたり、簡単に捌ける価格での販売を提案してくる場合があります。  特に売主が外国人、しかも海外に住んでいる場合は足元を見られてしまうことがあります。  その結果、相場よりも安い金額で売却が成立してしまうという点には注意しなければなりません。 

どこの不動産業者に任せるのがいいのか?

これはケースバイケースですから一概にはいえませんが、不動産には地の利点があり、通常はローカルの不動産業者が圧倒的に強いものです。  例えば、南麻布の物件を探している人が新宿にある不動産業者を訪れないよう、通常、物件の所在するエリアで不動産を探されている方は地元の不動産業者を訪れます。  また、オーストラリア人は外国人向けのブローカーからではなく、ローカルを対象とした不動産業者から不動産を買うのが普通です。

最近ではインターネット広告がマーケティングの主流となっていますので、場所はあまり関係ないと思われる方もいますが、私の考えは違います。  間違いなく、ローカルの不動産業者が圧倒的に強いものです。  まず、ローカルの不動産業者でしたら、そのエリアの不動産物件を他にも沢山抱えていますので、物件を探されている潜在購入者の方に1件だけをお見せするのではなく、3件、4件とお見せすることができます。  近隣にある別の物件を見に来られる方がいる場合、あなたの物件も併せてセールスしてもらえる可能性が期待できますし、やはり地元の事を良く知っている業者によるセールスは経験則に基づいていますから強いものです。  何よりもローカルの業者でしたら、そのエリアで物件を探されている人達や過去に内見をされた方達のリストやデータベースを持っていますので、新しい物件を売りに出す際には “そのエリアで不動産を探されている方達” 数十人に対して、ピンポイントで一斉にセールスを掛けることができます。 私の経験上、これが一番強いセールス方法です。 

ですから、余程の理由が無い限り、ローカルの不動産業者に任せるのが一番賢い方法です。  とはいえ、最終的には “人” が全てなので、そのエリアに所在する不動産業者を何軒か回ってみて、誠実かつ親身になってセールスをしてくれる方を選ばれるのがいいでしょう。

 オーストラリアで不動産業者を見つけるのが難しいという場合

不動産を買うときは実際に物件をみて、他の物件と比べたり、価格相場も分かるものですが、こと売却に関しては不動産業者に任せっきりになります。  特に依頼主が外国人で英語ができなかったり、海外にいるともなりますと足元をみられてしまうものですから、昔、買った別荘や不動産の処分に困っている日本人の方は少なくありません。  

オーストラリアでの不動産売却に自信がない方、英語が苦手な方、複雑かつ凡雑な手続きを委託されたい方、少しでも高い価格で不動産を売却されたい方、もし宜しければ、私に不動産売却の手続き代行をご依頼されませんか?   私は過去に30件近く日本人クライアントの不動産売却のお手伝いをしていますから、オーストラリアでの不動産売却における全体的な流れや手順を完璧に把握しているだけでなく、売却に関する蓄積されたノウハウがありますので、 私が弁護士として間に入って不動産業者の対応を監督するだけでなく、なるべく高く売れるよう差配させていただきます。  

不動産の売却は地の利が重要になるので、そのエリアの購入層にセールスできる業者を、その都度、ケースごとに審査いたします。 クライアントがご自身で売却するよりも、より高く売れるように代行するにあたり、私が特定の不動産業者を紹介する(不動産業者からリベートを受け取る)のではなく、そのエリアで誠実に真面目に活動されていて、あなたの物件を少しでも高く売ってくれる不動産業者を現地に足を運んで面談の上で探してきます。   そのエリアの市場調査、不動産業者の評判の確認・選任手続きの代行、マーケティングや販売手段の調査と専任、売却の契約手続きなど一連の手続きを私が全て代行させていただきますので、凡雑な手続きや英語での対応は全て私にお任せください。  日本に居ながらオーストラリア国内における全ての手続きを私が代行させていただきます。 

物件の購入アシストや売却手続きの代行、また、英語での取引が不安な場合など、各種代行業務も承っておりますので、先ずはお気軽にお問い合わせください。

次の記事では、”オーストラリアの不動産売却その3 – 実務編” について解説します。

2017年5月31日
オーストラリア国弁護士・神林佳吾

 

現在、期間限定でオーストラリア4大銀行の一つNational Australia Bankが発行する不動産評価額のレポートを進呈しております。  不動産を売却する予定のない方でも、お持ちの不動産の相場が少しでも気になりましたら、こちらからお問い合わせください。 (完全無料) サンプルはこちら


 

関連記事

  1. オーストラリアの不動産売却その3 - 実務編
  2. オーストラリアの不動産売却その1 - 全体の流れ
PAGE TOP